この度の災害で被災された方に心よりお見舞いをお見舞いを申し上げます。
 一刻も早く穏やかにお過ごしいただけますようお祈り申し上げます。


 暦の上では秋を迎えましたが、暑さは厳しく台風も上陸するようです。今年の暁天講座のテーマは「水」でしたが、この夏ほどそのことを意識させられることはなかったような気がします。ありがたく・脅威で・なくてはならない。―私たちは当たり前のように普段は扱っていますが、その存在感は人間にとって他に類を見ないものだと思います。

 人間の身体の50パーセントから70パーセントを占めている水分に私たちはこの世に生まれる前から守られています。逆に言うとなくなってしまったら命を落としてしまいます。農作物も含めて潤いのあることが大事なのです。

 神秘性を有し、奇妙で不可思議な液体を、私たちは時にその存在感におののきながら、時に愛おしいものとしながら、これからもずっと身近においていかなければなりません。
 浄土の教えでも、貪りや執着の心を欲に流されると表するところから、水の河を渡って現世からお浄土に往生を果たしていきます。

 精霊流しでご先祖さまを想う。身体にも心にも大切な「水」活かし生かされながら、流されることなく、清らかにずっと付き合っていきたいものです。

 




浄土宗 大光院 〒232-0002 神奈川県横浜市南区三春台139番地 TEL045-241-7676 FAX045-241-7701   
Copyright (C) 2007 daikoin. All Rights Reserved.