梅雨の季節がやって来ました。
 6月は水無月(みなづき)と呼ばれていますが、この水無月の「無」は「の」という意味だという説が有力なようです ちなみに同じ使い方で神無月がありますね。一年の中で唯一祝日が無い月ですが、農繁期で夏休みも近いからなのでしょうか?いずれにしても新しい祝日は出来そうに無いようです。

 ただ、6月10日は「時の記念日」です。これは「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と今から100年ほど前に生活改善同盟会によって制定されたそうです。時間の大切さを尊重する意識を広めるために設けられたようですが、鉄道等の交通機関の発着時間の正確さでは世界一と言われている現代の我が国も、こういった啓蒙活動があったからこそなんですね。由来は、日本書紀に日本初の時計が鐘を打った日だそうです。小さいときから標語を作ったり時計の絵を描いたりして時間の大切さを育み「時は金なり」と言う言葉をずっと語り継いできた日本人の勤勉さが伺える大切な記念日だと思います。
 
 鬱陶しい時を乗り越えて  晴れ晴れとご先祖さまに出会えるお盆を迎えましょう。

 




浄土宗 大光院 〒232-0002 神奈川県横浜市南区三春台139番地 TEL045-241-7676 FAX045-241-7701   
Copyright (C) 2007 daikoin. All Rights Reserved.