寒い日が続き、予想外の大雪もありました。久しぶりの雪かきに追われた方も多かったのではないでしょうか。

 さて、2月に当山でも節分の行事を行ないますが、この節分という言葉には季節を分けるという意味があります。昔は立春・立夏・立秋・立冬と季節ごとに節分がありましたが、いつの間にか“新春”である立春だけ行なう風習が残り、今年は暦の上では2月4日が立春となっており、前日の3日が冬と春を分ける節分となっております。

 節分には豆をまきますが、これは中国の習俗が伝わったものとされております。豆は魔(ま)を滅(め)するという言葉と掛けられており、無病息災を祈る意味があります。また、鬼の魔の目(=まめ)に豆を投げつけて魔を滅するという意味もあるそうです。ちなみに、豆まきに使う豆は炒った豆でなくてはなりません。それは生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いとされているからであります。

 節分だけでなく、他の年中行事の由来も詳しく調べると、思いがけない発見がありそうですね。
合掌

(笠井 裕舜)




浄土宗 大光院 〒232-0002 神奈川県横浜市南区三春台139番地 TEL045-241-7676 FAX045-241-7701   
Copyright (C) 2007 daikoin. All Rights Reserved.  

butsujisodan01.htmlへのリンク